離婚協議書・離婚公正証書代行
ホーム
離婚相談
不倫慰謝料請求
離婚協議書 公正証書
料金とプラン
Q&A
ご挨拶
離婚・婚姻届の証人代行
離婚の基礎知識
お問い合わせ
電話・メール相談
オフィシャルブログ
リンク

不倫慰謝料請求

不倫慰謝料に関する相談

気になる内容をご相談下さい。ご依頼をするかどうか考えているお客様、電話・メールを無料相談で対応します。お気軽に連絡下さい。また信頼できる弁護士をご紹介することもできますので、まずは当事務所に相談して下さいね。

慰謝料とは

夫婦には貞操義務があります。そのため不倫をすると民法上の不法行為となり、精神的苦痛に対する慰謝料を請求することができます。不倫、浮気の相手方に故意または過失がある場合には不倫、浮気の相手方にも慰謝料の請求ができます。

慰謝料請求をするための条件

  1. 不倫の相手方が、配偶者(夫や妻)を既婚者であると「知っていたこと」「知ることが出来たこと。」既婚者であるか知っていたかどうかが問題となります。知らない場合は請求ができません。また、本来なら知っていたはずという場合には、相手方が知らないことについて過失があるかどうか等で判断されます。 配偶者が不倫相手に独身と偽っていた可能性も考えられるのです。
  2. 性的な関係が無いとき。 性的な関係が無ければ、不倫にならないので慰謝料はもらえません。
    (性的な関係が本当はあるのに無いと言ってくるパターンも多いです。)
  3. 時効との関係 不法行為になりますので、不倫の行為があったことを知った時から3年、知らなくても不倫の行為があった時から20年で時効となります。
  4. 夫婦関係が破綻していたとき。 不倫があった時に、実際の夫婦関係が破綻していた場合には請求ができない場合があります。

不倫の慰謝料請求の証拠について

示談は別として、裁判になった場合には男女関係があったことを証明する必要があります。
・ホテルの出入りの写真(顔が写っている必要があります)
・性行為があったことが確認できるメール等のやりとり
・性行為の時の写真
・不貞行為を相手が認めた場合は、書面や、音声を記録しておくべきです。

配偶者(夫や妻)が不倫をしていた場合の対応

不倫をされてしまった方は、相手方への対応、子供との兼ね合い、性格や、家庭状況によっても離婚するか、離婚しないかが別れてきます。

・相手方へ慰謝料の請求をする。
・子供が小さいので、離婚はしない。
・生活力が無いために離婚できない。
・今後不倫しないというような誓約書を作成する。
・冷却期間を取り別居する。

*どれが正解とか間違いというような事もありません。個々の家庭環境に沿って検討すべきです。

不倫慰謝料請求のサービス内容

  1. 内容証明で請求書を作成します。 内容証明書を、相手に送付すると、一般には以下の効果が期待できます
      ・ 心理的な圧迫があげられます。特に専門家の名前で送付すると、内容証明に対する返信をしなかったら、どうなるのかがわかりやすいので効果が高いです。
      ・ お客様の意思を相手方に正確に伝えることができます。
      ・ 解決していなかった問題を解決できるケースが多数あります。
      ・ 後日、裁判などになった場合に、内容証明自体が証拠となり得ます。
  2. 不倫相手や、不倫をした配偶者と慰謝料の話し合いで合意に至った場合、その内容を書面にします。示談書や公正証書の作成までをサポートします。
  3. 不倫の慰謝料請求の話し合いの場に、当事者の合意の下に立会いします。
  4. 安心の料金体系

通常は、内容証明を送付しても、何度も相手と書面のやり取りをしたりすることが多く、何度も書類作成費用がかかることが想定されます。そのため、当事務所では回収できるかどうかまでの相談料金と書類作成をパックにした料金体系となっています。

料金

・回収ができた場合→ 着手金として3万1500円+回収した金額の10%

・ 回収ができない場合は、着手金の3万1500円のみの負担となりますので、もしも回収ができなかった時でも安心です。

ページのトップへ

ホーム離婚相談不倫慰謝料請求離婚協議書・公正証書料金とプランQ&Aご挨拶お問い合わせ