離婚協議書・離婚公正証書代行
ホーム
離婚相談
不倫慰謝料請求
離婚協議書 公正証書
料金とプラン
Q&A
ご挨拶
離婚・婚姻届の証人代行
離婚の基礎知識
お問い合わせ
電話・メール相談
オフィシャルブログ
リンク

離婚の基礎知識

離婚を考えたら

離婚を考えたら、まずは関係を修復できるかどうかお考え下さい。夫婦が円満にいられるのであればそれが一番です。お子様が居るのであればなおさらです。
それでも離婚の意志が固いのであれば、離婚の相手方(夫または妻)に話したり、悟られたりする前に、専門家に相談をしたり、不貞の慰謝料などの請求を考えている場合は証拠を集めなければならないでしょう。
また、離婚に関する合意、約束の内容はかならず書面にしましょう。  
一緒に一番良い方法を考えましょう。  特に女性の方はその後生活ができるかどうか、ということも非常に大事です。離婚後に生活ができるか、住むところがあるかどうかをどうかよく考えて見て下さい。

離婚原因

・ 不貞行為→浮気・不倫のことを指します。一般的には慰謝料の請求が可能です。
・ 悪意の遺棄→家に帰って来ないで、友人の家に居るとか、生活費を全く居れずにパチンコをしているとか、特に理由もないのに働いてくれないなど、夫婦生活の維持に問題のある行動を取ることです。
・ 3年以上の生死の不明
・ 婚姻を継続しがたい重大な事由→性格の不一致、性生活の不一致、暴力、過度の宗教活動などがありますが、これはその程度がとても重要です。

紛争にはお金がかかる。  

夫婦間が話し合いが全くつかないと、一般的にはどちらかが弁護士を入れるなどして調停等を起こしてきます。 この弁護士費用を考えると、円満に解決されるべきなのが良くわかると思います。 調停や裁判にかかる弁護士費用をかなり安く見積もって1人50万円だった場合、お二人では100万円程度の費用が掛かることになります。  
共有の財産を分与してもらうのですから、共有の財産からこれだけのお金がなくなります。 できれば円満に解決すべきなのです。

 

ページのトップへ

ホーム離婚相談不倫慰謝料請求離婚協議書・公正証書料金とプランQ&Aご挨拶お問い合わせ